ふだば泰司ブログ
 | カテゴリ:
大綱質疑2015年12月4日(金)

昨日、当選後初めての大綱質疑に立ちました。

「大綱質疑」とは国会中継などで聞かれたことがあるかと思います、

代表質問の事です。

今議会では、当会派から三宅議員、青谷議員、池田議員、そして私の四名が

大綱質疑を行いました。

私の質問項目は以下の三点。

・「さかい・利晶の杜」について

・堺市の土地利用について

・ふるさと納税について

「さかい・利晶の杜」はオープンして約8か月が経ちます。

市民の方々から、「入場券や茶の湯体験の利用料金設定が解りにくい」

「展示物がコピーものばかり」

「有料ゾーンに入っていく人が少ないけど、今後やっていけるの?」

といった声があり、質問させていただきました。

堺市の土地利用の項目では、

防災の面から、木造家屋が密集した地域の解消を急がなければならない事、

これまで行われている木造耐震診断の利用が周知されていない事、

5月に施行された空家特措法での対応を確認しました。

また、先日西区上地区で発生した、私道での往路妨害での事件が

取扱い部局が無いとこれまで堺市として対応できていないが、

同様の事案が市内には潜在しているので、

市長に対し、早急に対処する事を訴えました。

ふるさと納税については、

堺市への納税額と、市民の方が納税された後の控除額との関係を確認しました。

ふるさと納税は、納税したお礼品が華美になり、本来の目時から逸脱している事、

堺市のお礼品は、包丁や線香など地場産業のものを取り上げているけれど、

堺市に来てもらえる様な仕組み、利晶の杜や市内施設の通年無料パスなどを利用して

観光に繋がるものも考えていただきたいと提言しました。

初めての大綱質疑で大変緊張しました。

大綱質疑の模様は、

http://www.kensakusystem.jp/sakai-vod/index.html

でご覧いただけます。お時間があれば宜しくお願い致します。


カテゴリ:政治活動(15件)
  •  
  •